漢方で風邪は治るのか

風邪はウイルスの感染によるものがほとんどです。

 

西洋医学では、風邪の症状に合わせ、鎮痛剤、解熱剤、咳止め、抗生物質などで、症状緩和とウイルス撃退をする治療を行っていきます。

 

東洋医学漢方では、体格、体質を診ながら、気、血、水、のバランスをとることで、体の根本部分に働きかけます。

 

気とは、生命活動を維持する力、血とは、臓器組織に栄養を与える力、水とは、全身を潤す力です。

 

漢方は、局所から全身まで働きかけ、本来持っている自然治癒力を高めて治していきます。

 

自分の体質、体調、どのような風邪をひいたのかを診ることが大事になってきます。

 

体力がどの程度なのか、発汗があるかないか、風邪の症状がいつ頃から出始めたか、高熱が出ていないか、のどの痛みが強いか、乾いた咳か湿った咳か、鼻水の状態色など、細かく症状を診ていきます。

 

その時の症状により服用する漢方が違います。

 

また、ウイルス性の風邪に用いる漢方薬もあります。

 

漢方での治療は、即効性がないと思われがちですが、体質、症状に合うと、症状は早く回復していきます。

 

風邪によく用いられる葛根湯は、比較的体力があり、胃腸が強く、発汗のない方の風邪の初期に処方されることが多く、慢性の頭痛、肩こりにも適応します。

 

配合されている生薬に身体を温める効果がある場合は筋肉や肩こりの血流をよくする効果があります。

 

このように漢方薬は、ひとつの薬が他の症状にも適応しています。

 

麻黄湯

体力のある人で、風邪、インフルエンザの初期症状

小青竜湯

水っぽい痰を伴う咳や鼻水

麦門冬湯

乾いた咳、切れにくい痰

五虎湯

黄色い痰を伴う咳

など、細かく分かれています。眠気の副作用はありません。

 

 

注意点として、多種類の漢方薬の服用に気をつけなければなりません。

 

漢方薬は、同じ生薬を配合していることが多く、生薬の多量摂取となり副作用がでることがあります。

 

症状が重なっていて、どの漢方を服用すればよいのか判断が難しい場合、自分に合う漢方薬わからない場合には、薬剤師、医師に相談することをおすすめします。

 

風邪の症状や体質を診て、自分に合う漢方薬を選び、穏やかに速やかに風邪を治していくことができます。

 

防風通聖散


page top