50代の健康リスク(更年期障害と肥満)と防風通聖散

50代でも若々しい人が多くなりました。健康に気を使っているのでしょう。しかし、体力的にはやはり30代、40代にはかないません。体も様々なトラブルが出やすくなります。

 

特に女性は、40代後半から50代にかけて、閉経を迎えますので、更年期となります。

 

 

ホルモンバランスの状態により、更年期症状がひどく出る方もいらっしゃいます。

 

自律神経には、交感神経と副交感神経とがありますが、ホルモンバランスが崩れることにより、この自律神経の働きまで乱れてしまいます。

 

よって更年期症状として、一番に出やすいのが、のぼせ、ほてり、汗、イライラ。

 

その他にも、肩こりやメマイがひどくなったり、疲れやすい、ひどくなると更年期うつという状態にもなる方がいます。

 

体の症状だけでなく、精神的な部分まで症状が出ることは、本当に辛いですね。

 

西洋薬ですと、ホルモンを補充する方法が行われると思います。それで良くなる方も多いですが、漢方は、体質に合った、女性の様々な症状に合わせ、不快な症状を取っていくことが出来ます。

 

特に更年期に使われる漢方は、「加味逍遥散(かみしょうようさん)」が有名です。

 

その他、「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」、「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」、「八味地黄丸(はちみじおうがん)」、「柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」等々も良く使われます。

 

のぼせる、暑い、汗をかく、と言っても、実は原因が「冷え」から来ていることもあります。もちろん、体に熱がこもりやすくなっている方もいますが、女性は冷えやすい方が多いので、漢方で自分の体質を知ると良いですよ。

 

更年期は誰にでも起きますし、最近では男性の更年期障害も増えてきています。しかし、圧倒的に生理の関係がある女性の方が、症状が出やすいです

 

防風通聖散は更年期障害に対して有効な漢方薬ではありませんが、50代という年齢に差し掛かると若いころは代謝も良く落ちやすかったのに脂肪太りや肩こり、むくみに悩まされている方には有効な漢方薬です。

 

50代での太りすぎは深刻な生活習慣病を招く危険性もあります。
そういった悩みを抱えている方には防風通聖散は非常に効果があります。

 

防風通聖散


page top