処方箋のいる漢方、いらない漢方

漢方薬には「医療用漢方薬」と「一般用漢方薬」があります。

 

「医療用漢方薬」は、医師の処方箋が必要です。「一般用漢方薬」は、一般の薬局で販売されていて、処方箋は必要ないものです。

 

「医療用漢方薬」は、医師の処方箋に基づいて、国から保険適用が認められたものを調剤するので、健康保険がききます。

 

よって、クリニックで漢方を処方された場合、自己負担は1〜3割となります。

 

しかし、クリニックであっても、どこでも健康保険が使える訳ではありません。

 

保険適用の漢方はたくさんありますが、それでも保険がきくものには限りがあります。

 

元々漢方は、症状に合わせた生薬の組み合わせで、その人に合わせて処方していくものですが、漢方の役割が、多岐にわたり、保険ではまかないきれないのです。

 

よって、自費診療(自由診療)で、漢方を使うところもあります。

 

その場合は、全て自己負担となりますので、クリニックに行く前に、自費なのか保険なのかを確認した方が良いでしょう。

 

現在では、漢方外来、漢方内科等、クリニックでも漢方を取り入れているところも多くなりました。

 

しかし、体質改善などを漢方で、と考えても、ご自宅や勤務先近くに、漢方を取り入れているクリニックがない場合も多々あるでしょう。忙しくてクリニックに行く時間も取れないという方もいると思います。

 

そんな時に利用したいのが、「一般用漢方薬」です。

 

「一般用漢方薬」は、「医療用漢方薬」に比べ、若干有効成分が少なくなりますが、医師の処方箋がなくても気軽に買えるというメリットがあります。

 

できるだけ有効成分が多いものが良いという方は、満量処方(1日に摂取して良い最大量が配合されている漢方薬)の防風通聖散を検討してみてください。

 

 

また、ドラッグストアや薬局、またインターネット通販でも購入できるので便利です。

 

インターネットではちょっと不安があるという方でも、今はわかりやすく症状や体質別に書かれている商品ページも多いので、以前より随分購入しやすくなっていると思います。

 

薬局で購入の場合は、薬剤師に相談することも可能です。

 

漢方が気になっている方は、自分の健康管理にかかりつけ薬局に相談するのも良いかもしれません。

 

防風通聖散


page top