夏におすすめな生薬

夏は一年の中で、最も陽気が盛んになり、新陳代謝が活発になります。

 

特に日本の夏は、高温多湿であるため、体調不良を起こしやすい時期です。

 

暑さが増してくると、汗をかき、水分代謝が乱れ、のどが渇いたり、便が固くなったり、尿の色が濃くなってきます。

 

また、屋外の猛暑と室内の冷房の涼しさを繰り返すことで自律神経も乱れやすくなります。

 

夏の症状を ひとくくりで夏バテと言いますが、身体のだるさ、食欲不振、吐き気、下痢、頭痛、めまいなど症状は様々です。

 

東洋医学では、夏バテは、胃腸が冷え、消化機能が低下している状態が、症状を引き起こしやすくなると考えます。

 

そのため、胃腸の回復を促すために、胃腸を温める生薬が配合されている漢方を服用することにより、水分代謝を整え、消化吸収を回復し身体全体に栄養が届くようにしていきます。

 

夏の不定愁訴におすすめの漢方(生薬)

 

補中益気湯(人参、白朮、黄耆、当帰、陳皮,大棗、柴胡、甘草,生姜、升麻)

 

 

  • 虚弱で元気がなく、胃腸の働きの弱い人

 

適応症状

  • 全身の倦怠感
  • 食欲不振
  • 寝汗
  • 微熱

 

 

 

胃苓湯(蒼朮、厚朴、猪苓、沢瀉、白朮、茯苓、陳皮、桂皮、大棗、生姜,甘草)

 

 

  • 胃に水がたまりやすい人(チャポチャポと音がする)下痢の傾向の人

 

適応症状

  • 水溶性下痢
  • 嘔吐
  • 口渇
  • 体重減少を伴う冷え
  • 腹痛
  • 胃腸炎
  • 暑気あたり
  • 食あたり

 

かっ香正気散(かっ香、白朮、半夏、茯苓、厚朴、大棗、陳皮、桔梗、大福皮、生姜、白?、蘇葉、甘草)

 

 

  • 夏風邪
  • 冷たいものの取り過ぎによる食欲不振の人
  • 胃腸が弱い体質の人

 

適応症状

  • 胃腸虚弱
  • 夏かぜ
  • 胃腸の冷え低下
  • 食欲不振
  • 全身倦怠感

 

六君子湯(人参、半夏、茯苓、蒼朮、大棗、陳皮、甘草、生姜)

 

 

  • 体力があまりなく 胃腸が虚弱な人
  • 普段から鼻水があり、むくみやすいタイプの人

 

適応症状

  • 胃もたれ
  • 膨満感
  • 食欲不振

 

体質症状に合った漢方薬を選び、胃腸の働きを整え、夏のつらい症状を回復していきましょう。

 

自分に合う漢方薬がわからない場合には、薬剤師、医師に相談することをおすすめします。

 

防風通聖散


page top