妊婦でも漢方薬を飲んで良いのか?

近年、西洋医学と併用されることも多い漢方薬ですが、服用の際に副作用の有無などを気になさる方も多いのではないでしょうか。

 

とくに、妊娠中のような非常にデリケートな時期の人にとっては心配の種は少ない方が良いのは当然です。

 

では、漢方薬は妊婦も安心して飲むことができるのでしょうか。

 

一般に、いわゆる薬(西洋医学の薬)は妊娠中である場合胎児に悪影響を与える可能性があるという風潮があるため、なるべく服用を避ける傾向にあります。

 

漢方薬は数千年の経験により作り上げられた薬であるため、妊婦への副作用は西洋医学の薬よりも起きにくいとされています。

 

しかし、生薬の種類と効能によっては妊婦への使用に慎重な検討が必要であるもの、避けた方が良いとされるものもあります。では、具体的にどのようなものであれば副作用の心配があるのでしょうか。

 

まず避けるべきであるのが、母体に対して過度の発汗や利尿効果を促す性質を持つ生薬です。

 

これらの使用を禁じられている生薬には麻黄剤、大黄剤などがあります。また、同じく利尿効果、代謝更新作用の他に、子宮収縮作用、発汗を促す性質をもつ生薬は、「慎重な経過観察を必要とし、症状が改善すれば使用を止める」ように、とされているものもあります。これらの例として、紅花、大黄、桃仁、附子、牡丹皮などが挙げられます。

 

禁忌薬として挙げられる生薬は、麝香や虻虫、水蛭などがありますが、これらは現在の医療用漢方エキス剤には含まれていません。

 

医療用漢方エキス剤は現在までに妊婦への副作用は報告されていませんが、すべての製品に対して安全性が保障されているというわけではありません。

 

では具体的に、妊娠中のどのような症状に対して漢方薬は効果があるのでしょうか。

 

漢方薬を治療に用いる症状としては、悪阻、鉄欠乏性貧血、便秘などがあります。

 

これらの治療に用いられる漢方薬には飲み方、使用頻度、服用期間などに細かな規定があります。

 

例えば、妊娠中の悪阻には「半夏厚朴湯」、「人参湯」などが使われます。しかし半夏には流産、早産の危険性もあるため、短期間の使用に限る、という決まりがあります。

 

このように、漢方は複数の生薬を組み合わせていることもあり、効能を見て自己判断で薬を選び、服用することはとても危険です。

 

そのため、薬を選ぶ際には医師や専門の薬剤師に相談することが必要となります。

 

特にデリケートな状態である妊娠中は、漢方に限らず医師の意見を伺い、相談、検討したうえで薬を服用するようにしましょう。

 

防風通聖散


page top