中国の漢方薬と日本の漢方薬の違いは?

漢方薬といえば中国で誕生したことはあまりにも有名ですが、現在日本で流通している漢方薬と中国のものとの間に違いはあるのでしょうか。

 

また、日本独自の漢方はどのようにして生まれたのでしょうか。

 

日本の漢方は、ご存知の方も多いと思いますが中国から伝来したものです。

 

中国において医学が誕生したのは紀元前5から3世紀頃、広まった時代は紀元前1世期頃とされています。

 

このころになると、漢方を含む中国医学の書物として鍼灸の『黄帝内経』、薬物学の『神農本草経』などが編纂されました。

 

このような中国医学は、4から5世紀頃にはすでに現在の形となりつつありました。一方、日本では漢方といえば江戸時代の蘭学の対義語であり、伝統的に行われてきた日本の医療のことです。

 

これらは中国の明や清の時代の中国医学を基礎としていますが、日本で独自の発展を遂げたため厳密に同じものとは言えません。

 

日本の漢方と中国医学における漢方には、生薬を原材料として使用すること、古代から紡がれてきた中国医学の概念を踏襲していること、などの共通点があります。対照的に、漢方薬を処方する前に体質や症状を判断する「証」には違いが見られます。

 

日本の漢方薬では江戸時代に起こった古方派が主流であり、複雑な理論よりも経験を重視しています。

 

そのため、症状に対し迅速に処方薬を決めることができます。これに対し、中国医学における漢方薬では陰陽五行説、五臓六腑の状態など、細かな理論にしたがい患者の体質、症状にあった薬を処方します。

 

つまり、日本の漢方薬は対症療法的であるのに対し、中国の漢方ではより細やかなケアが可能であるといえます。

 

中国の漢方が特に効果的であるのは、慢性病や根本的な体質改善などであるといわれています。

 

この他にも、中国医学と日本の漢方薬では使用する生薬の種類、量などに違いが見られます。

 

これは、中国医学は乾燥した大陸的気候の中で開発・発展されたのに対し、日本は高温多湿という気候条件であること、中国と日本の体質が異なることなどが関係しています。

 

そのため、中国の理論や処方をそのまま日本で実行することは難しく、奈良時代に初めて中国医学としての漢方が伝来してから様々な改良が加えられました。

 

このように、一見同じもののように思える漢方薬ですが、日本伝統のものと中国医学に基づくものとでは細かな違いがあります。

 

また、日本で製造される漢方と海外からの流入品では、生薬の栽培に使う農薬基準なども異なります。

 

どちらの方が自分の症状や目的とする治療にあっているか、安全性が高いかといった情報を知りたい方は、専門の医師や薬剤師に相談すると良いでしょう。

 

防風通聖散


page top