血の質と量が大切

私たちの体に流れる血液は、とても大事な役目を担っています。酸素や毎日の食事から摂る栄養成分を体全体に届け、また、不要になった老廃物を運び出すのです。

 

また、体温調節や、体内に入ってきた外的と戦ったりして、私たちの体を守ってくれています。

 

血液検査をして、体の状態を知ることが出来ますので、それだけ重要だということです。

 

漢方でも、「気・血・水(き・けつ・すい)」というバランスを見て行くのですが、ちゃんと「血」が入っています。

 

ここでいう「血」は血液だけのことだけでなく、栄養のことや精神面的な部分も考えます。

 

「血」が足りないことを「血虚(けっきょ)」と言います。

 

「血」は、栄養成分を運んでくれますので、この「血」が足りないと、体が冷えたり、筋肉がつる、力も入らなくなったりします。

 

また、爪が割れやすくなったり、肌や髪の毛に潤いがなくなったりします。

 

精神的にも影響が出やすくなり、眠れない、不安感が強くなるということもあります。

 

また、「血」の巡りが悪くなっていることを「?血(おけつ)」と言います。

 

血管や血液の質が悪くなっているので、これもまたいろんな症状が出ます。

 

例えば、肌がくすむ、あざができやすい、シミ、目の下のクマ、肩こり、生理痛がひどい等です。

 

心当たりのある方は、この「血」が足りなかったり、巡りが悪くなっているかもしれませんよ。

 

特に女性は、毎月生理があり、「血」が足りなくなりやすいのでお気をつけください。

 

このような方は、インスタント食品や甘いものを食べ過ぎない、体を冷やさないようにすることが大事です。

 

適度な運動も心がけてください。

 

そして、この「血」を足していく、巡りを良くしていく漢方を飲んで不調を改善していくと更に健康になっていきますよ。

 

また、お肌や髪の毛に潤いもつけてくれますので、健康を手に入れると同時に、キレイに若返ることも可能です。

 

「血」の質を高める、十分な量の「血」で、体を潤していくことが、とても大事なのです。

 

防風通聖散


page top