男性特有の病気にも効果がある漢方薬と防風通聖散

男性の病気というと、特徴的であるのが、前立腺がん、前立腺肥大、性機能障害、精巣ガン等があります。

 

防風通聖散にはこれらの病気に対して効果はありませんが生活習慣病(特に肥満)には効果があります。

 

生活習慣病とは、例えば糖尿病や糖尿病予備軍、高血圧、痛風、肥満等です。

 

もちろん女性にも多いのですが、仕事や接待の毎日で、暴飲暴食になりがちな男性の方が生活習慣病になりやすいと思います。

 

また、テレビや本も出ているのでご存知の方も多いと思いますが、近年では、男性更年期に苦しむ方も増えているようです。男性更年期も、年齢と共に、男性ホルモンの低下により症状が出てきます。

 

女性は、閉経を目途に更年期がなんとなくわかりますが、男性はそれがないので、なかなかわかりにくいという難点があります。

 

男性は日常的に仕事のウェートが大きく、社会的地位や責任もあり、強いストレスを受けている方も多いので、ひどい時はウツになる方もいます

 

しかし、これももしかしたら男性更年期の一つかもしれません。

 

年齢的に老化という問題がついてきますが、そんな時は、老化と深い関わりを持つ「腎(じん)」というところを強化する漢方を使います。

 

また、女性の更年期では、「気・血・水(き・けつ・すい)」のうちの「血」と深い関わりがありますが、男性の場合は、どちらかというと「気」の巡りを良くするような処方を考えることが多いと思います。

 

男性の更年期&生活習慣病対策としては

  • 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
  • 八味地黄丸(はちみじおうがん)
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
  • 清心蓮子飲(せいしんれんしいん)
  • 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

等が使われています。

 

強いストレスで「気」の巡りが悪い、のぼせやイライラがある、胃腸の調子がすぐれず「気」を作れない、体が疲れやすい、等々に良い漢方です。

 

男性の生活習慣病対策に効果のある防風通聖散

 

ぽってりとお腹が出て健康診断でも肥満気味と診断されてしまった方には、脂肪燃焼効果のある防風通聖散をおすすめします。

 

肉食中心の脂っこいコッテリした食事やお酒を飲んだ後の締めのラーメン、運動不足等が続けば、誰でも病気になってしまいます。

 

防風通聖散等の漢方薬なら食事前に飲むだけなので、手軽に始められておすすめです。

 

防風通聖散


page top