胃腸が弱い方向け漢方薬

胃腸が弱いと言っても、いろんなタイプがあります。元々胃腸が弱い人、食の細い人、ストレスが胃腸に来る人、暴飲暴食で胃が弱ってしまっている人、体が冷えていて胃腸の機能が悪くなっている人等、様々です。

 

ここで、胃腸の役目を書いてみます。食べ物は、口に入り?み砕かれ、食道を通って、胃へ入ります。ここで胃酸が食べ物を溶かします。それが、腸に行き、更に栄養分が消化、吸収されていくのです。

 

要は、胃腸は、生きていくために、栄養を体に取り入れるというとても大事な役目を担っているのです。

 

漢方の世界では、「気・血・水(き・けつ・すい)」というバランスを見ます。

 

胃腸が弱ってしまうと、栄養を消化、吸収することができません。

 

漢方でいう、「気(き)」が作れないということになるのです。言葉を変えると、「気」=エネルギーといえるでしょう。ですから、体がだるい、疲れやすい、気力がなくなる、免疫力の低下、というような症状が出てきます。

 

また、下痢や便秘、食欲不振、胃もたれ、不眠になる方もいます。

 

胃腸が弱い方に使う漢方も、タイプに合わせて様々です。

 

「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」、「六君子湯(りっくんしとう)」、「半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)」、「安中散(あんちゅうさん)」、「平胃散(へいいさん)」等々があります。

 

「気」を補ったり、巡りを良くするものが多く見られますので、これらを飲むことにより、体調が良くなることを感じると思います。

 

胃腸が悪い時、弱っている時は、消化の良いものを食べて欲しいのですが、忙しい現代人はそれもままならない方も多いですね。それに良く噛まずに早食いをしてしまう方も多いです。習慣になってしまっているのかもしれません。

 

胃が疲れたなと思った時は、食事に気をつけ、体を休めることも大事です。

 

そして、冷たいものの摂り過ぎに十分気をつけてください。胃腸が冷えると、機能が低下してしまいますので、「気」を作れなくなってしまいます。

 

特に、暑い夏場に、冷たいものを摂り過ぎると、秋に不調が出やすくなります。

 

毎年、夏が終わる頃から、体調が悪くなる方は、夏場の過ごし方に気をつけ、漢方で元気になってください。

 

防風通聖散


page top