レンギョウ(連翹)の効果・効能 | 脂肪細胞に働きかける

レンギョウ(連翹)はモクセイ科のレンギョウまたはシナレンギョウの果実を乾燥したものです。レンギョウは木の高さは2,3メートルで生け垣に使われることもある植物です。春に枝にびっしりと黄色い花を咲かせるので、見たことがある人もおられるかと思います。

 

レンギョウの主な作用としては抗アレルギー作用、抗菌作用、血圧降下作用が知られています。特に皮膚の病気の中でも抗菌作用があることから化膿性皮膚疾患に使われます。

 

病院で使われているレンギョウが入った漢方薬をみてみると、ニキビ、湿疹、アトピー性皮膚炎に使われていることがほとんどです。

 

そのほかは鼻炎、咽頭炎を改善する漢方に入っています。皮膚の炎症を抑えることもあるのですが、鼻やのどの炎症を抑える作用もあります。

 

特に蓄膿症は慢性的な副鼻腔の炎症から来ているので、実際に蓄膿症に使われる漢方にもレンギョウが配合されています。

 

皮膚疾患に主に使われているレンギョウですが、ダイエットという面に着目すると、脂肪細胞にはたらきかけ、ノルアドレナリンの効果を長く持続させるはたらきがあることがわかっています。

 

この作用により、体の中の脂肪細胞を分解させていく方向に向かうよう助けているのです。

 

 

防風通聖散に含まれる18種類の生薬

代謝をよくする効果のある生薬

便秘を改善する効果のある生薬

尿を出やすくする効果のある生薬

余分な熱を発散させる効果のある生薬

血液の流れをよくする効果のある生薬

防風通聖散


page top