オウゴン(黄ゴン)の効果・効能:余分な熱を発散する

オウゴン(黄ゴン)はシソ科の黄金花(コガネバナ)の根を乾燥させたものです。黄金花というくらいなので、花が黄色に思えますが、実際は根のほうが黄色で花は紫色をしています。

 

高さは30〜70センチほどの多年生の草で、朝鮮半島や中国北部に自生しています。

 

オウゴンには解熱作用やを炎症を抑える作用、また抗菌作用があります。考え方として、抗菌作用を発揮することにより、腸での炎症を抑えて腸の調子を整えていきます。解熱作用としては胸、特に肺からの熱をとる生薬です。

 

尿を出しやすくする作用、胃の調子を整える作用やアレルギーを抑える作用もあり、これらのことから体全体の状態を整えていくことを助けている生薬です。

 

実際、オウゴンは数多くの漢方薬に入っています。胃を健康な状態に改善していく漢方薬、腸を整えていく漢方薬、尿路での病気を改善する漢方薬、熱を下げたり痛みを取ったりする漢方薬などたくさんあります。

 

漢方薬の処方を考える際、体に余分な熱があると体に不調が起こってくるとされています。

 

オウゴンはたまっている余分な熱を発散することで体の調子を整えていきます。また尿を出しやすくする作用も、同じく尿とともに熱が体の外に排出され、発散されていくことになるのです。

 

 

 

防風通聖散に含まれる18種類の生薬

代謝をよくする効果のある生薬

便秘を改善する効果のある生薬

尿を出やすくする効果のある生薬

余分な熱を発散させる効果のある生薬

血液の流れをよくする効果のある生薬

防風通聖散


page top