ハッカ(薄荷)の効果・効能:利尿作用がある

ハッカ(薄荷)はシソ科のハッカの地上に出ている部分、葉や花を乾燥させたものです。主に中国で栽培されており、多年生の草です。ペパーミントといえばなじみがあると思います。

 

その匂いやスーッとする感じから味を調えるのにもつかわれることもあります。その成分を取り出すと結晶状になり、ガラスの破片のような感じです。

 

ペパーミントの味の感じでもわかるかと思いますが、飲むとさっぱりとした清涼感があり、実際胃の調子をよくする作用もあります。胃薬のスーッとする感じはこのハッカからきているものが多いです。

 

ハッカは末梢血管を広げる作用もあるといわれていますが、特に防風通聖散でのハッカの役割の一つとして、皮膚から汗を出すという発汗作用があります。

 

ハッカは皮膚または皮膚を介して体から悪いものを外に出していく生薬で、皮膚から汗を出すことはデトックス作用につながっていきます。

 

ハッカを飲むことにより、汗を出そうとして体は温度を上げていきます。この体温の上昇によって、基礎代謝が自然にあがることになるので、結果として体内の代謝の量が増えていくのです。

 

このようハッカは皮膚を介しての発汗作用により、代謝を高めていく効果を出すために一役かっているのです。

 

 

防風通聖散に含まれる18種類の生薬

代謝をよくする効果のある生薬

便秘を改善する効果のある生薬

尿を出やすくする効果のある生薬

余分な熱を発散させる効果のある生薬

血液の流れをよくする効果のある生薬

防風通聖散


page top