センキュウ(川キュウ)の効果・効能:貧血症状の緩和に使える

センキュウ(川キュウ)はセリ科のセンキュウの根を洗い、乾燥させたものです。

 

高さは30〜60センチの多年草です。8〜9月ごろに白い細かい花を枝先に咲かせます。日本の漢方薬に入っているそのほとんどが国内、特に北海道や岩手県などで栽培、生産されており、漢方薬になっています。

 

センキュウは末梢血管を広げる作用があります。体の先のほうの細い血管が開くことになるので、血液が体の隅々まで行き渡ることになります。そのため、体全体の血のめぐりがよくなります。

 

頭がのぼせる、手足がほてるという症状は、その場所で血液が溜まってしまい血液の流れが悪くなっている状態なので、血のめぐりがよくなることでその症状を改善できます。

 

血のめぐり、つまり血液循環が悪くて起こるような症状には肩こりもありますが、もちろんそれも改善されていきます。

 

センキュウには痛みを抑える作用もあります。

 

頭痛というのは急に血液が頭のほうに流れて行ってしまうことでも起こるので、体全体の血液の循環をよくした上痛みまでも抑えることを考えると、頭痛を抑える生薬としてセンキュウはとても適しています。

 

ほかにも血の働きを活発にし血を補っていく作用があるので、貧血症状や月経困難症など婦人系の病気によく用いられています。

 

 

防風通聖散に含まれる18種類の生薬

代謝をよくする効果のある生薬

便秘を改善する効果のある生薬

尿を出やすくする効果のある生薬

余分な熱を発散させる効果のある生薬

血液の流れをよくする効果のある生薬

防風通聖散


page top