漢方はにきびを改善する?

ニキビは、ホルモンバランスの乱れや体調不良、ストレス、バランスの悪い食事などによってできやすくなります。

 

市販薬などで対処してもなかなか治らないニキビに困って、皮膚科を受診する方もいます。

 

皮膚科では、ニキビに対して抗生物質や抗炎症薬、皮脂(ひし)の分泌を抑える薬、ビタミン剤などが処方されます。

 

皮膚科から処方される薬ももちろん有効ですが、実は漢方もニキビを改善するはたらきがあることが知られています。漢方の世界では、病気や体調不良は体の「気・血・水」の流れが悪いことからくると考えます。

 

 

「気」とは、主に気持ちのことでストレスや過労などで影響を受けます。

 

「血」は、血液の流れなので血の巡りが悪いと冷え症や心臓病などの原因になります。

 

「水」は、リンパ液など体の中の水分のことをさすので、流れが悪いとむくみの原因になります。

 

ニキビも、漢方でいう「気・血・水」の流れが悪いことで起きると考えられており、それらを整えることによって改善できるといわれています。

 

皮膚科などで処方される薬と違い、漢方は体質を根本的に治すことを目標としているので繰り返しできるニキビやなかなか治りづらいニキビに効果を期待できます。

 

ただし、漢方だけで治すのがニキビによっては難しいこともあるので、最初は医師の診察を受けるか、漢方薬局などで自分にどの漢方が合っているか相談した方がよいです。

 

薬と漢方をうまく併用すると、相乗効果でニキビの治りを早めることもできるかもしれません。

 

具体的にどのような漢方がニキビに効果があるのか紹介します。

 

にきびにおすすめな漢方

 

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)は、10種類の生薬を組み合わせて作られており、腫れや化膿を抑える作用があるといわれています。

 

少し膿をもったポツポツとできたニキビに効果を期待できます。清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)は、顔の熱や炎症を抑える作用があるといわれています。

 

抗炎症作用があるので、ニキビだけでなく赤ら顔や皮膚炎などにも効果を期待できます。荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)は、炎症や化膿を伴うニキビに効果を期待できます。

 

他にも黄連解毒湯(おうれんげどくとう)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸加ヨク苡仁(けいしぶりょくがん)などがニキビの改善作用があるといわれています。

 

漢方は基本的に体質を改善する目的で内服するので、比較的ゆっくり効くようになっています。ニキビに対する漢方は、目安としては2-4週間内服して効果を見てみるとよいと考えられます。

 

漢方は天然由来の成分でできているため、副作用がないと考えている方も多いですが体質によって皮膚のかゆみや赤み、吐き気や肝臓の機能障害などが出ることもあります。

 

新しい漢方の内服を始めた後に体に異変を感じた時にはすぐに病院に行くようにしましょう。

 

防風通聖散


page top