カッセキ(滑石)の効果・効能:血圧を下げる

カッセキは中国では硬滑石(コウカッセキ)と呼ばれ、珪酸(ケイサン)マグネシウムが主成分の天然の粘土鉱物です。

 

日本で漢方に使用されているのは軟滑石であり、含水ケイサンアルミニウムおよび二酸化ケイ素から構成されています。

 

「石」とはついていますが、比較的柔らかく崩れやすい鉱物です。漢方薬に入っている鉱物の中のひとつです。

 

病院では血圧を下げるためによく利尿薬が出されることがあります。利尿薬、すなわち尿を出しやすくする薬です。

 

カッセキにはその尿を出しやすくする作用があります。

 

体の中、特に血液の中の水分量が多いと血圧が高くなります。日本人は特に塩分を好む食事の傾向にあるので、たくさんの塩分が体に吸収されてしまいます。体に入った塩分はもちろん血液にも入っていきます。

 

その際、血液の中の塩分濃度を下げようとするため血液の中に水分を取り込みやすいのです。

 

その血液中に余分に入ってしまった水分を体の外に出すために、利尿剤と同じ作用のカッセキが、血圧を下げるのです。

 

高血圧であると、動悸がするとか肩こりがひどくなる、またのぼせやすくなるなどの症状が出てくることもあります。カッセキは、血圧を下げることによって、そのような症状を改善する助けもしているのです。

 

 

防風通聖散に含まれる18種類の生薬

代謝をよくする効果のある生薬

便秘を改善する効果のある生薬

尿を出やすくする効果のある生薬

余分な熱を発散させる効果のある生薬

血液の流れをよくする効果のある生薬

防風通聖散


page top