防風通聖散の効果・効能 | 肩こりを治す漢方薬

パソコン仕事やストレス等でよく起きる肩こりですが、どうして肩こりになるのか?

 

防風通聖散を飲んで肩こりが治る理由をご紹介していきます。

 

  • 肩こりが起きる原因
  • 防風通聖散で肩こりを解消できる理由

 

肩こりになる原因

 

肩こりの原因はそもそも私たちの頭部が重いことが原因です。体を起こしている限り、頭を支えている首から肩にかけての筋肉がいつでも同じ位置で頭を支えるようにしているので、筋肉が常に緊張した状態を保っていることになります。

 

最近は仕事で毎日すわってパソコンを見続けたり、仕事の空き時間でも、頭を下にたらしながらスマートフォンで情報をチェックなんて感じで、1日中、首の動きを制限してほぼ同じ姿勢でいることが多いのではないかと思います。

 

これが肩こりを引き起こします。

 

もちろん目からくる疲れ、いわゆる眼精疲労からでも肩こりを引き起こすことがあるので、このような生活は肩こりには大敵です。

 

肩がこると首を回したり、肩をすぼめたりして筋肉をほぐすような運動を自然にしてしまうのはそんな凝り固まっている筋肉を動かして緊張を解いている感じです。

 

筋肉を伸ばしたり縮めたりすることで筋肉の緊張をとるだけではなく、血液の流れもよくする作用があります。

 

同じ姿勢をし続けることはそれだけで筋肉を緊張させ、血液の流れを悪くしてしまっているのです。

 

同じく、運動不足ということは、そのままですが筋肉を動かしていないということになります。筋肉を動かさないことは結果的に血流を悪くすることになり、体のあちらこちらで血液の流れの悪いところを作ってしまっていることになります。

 

肩こりはその血液の流れが悪くなったのが肩であるために起こっている症状です。

 

防風通聖散で肩こりが解消される理由

 

血液の流れが悪いということは、血液によって本来自然にされているはずの、不要なものを体のすみずみから運び出し、必要な栄養分をそこまで運んでゆくという作業ができないということになります。

 

肩こりを考えてみると、肩の筋肉を緊張を続けていることによってでできた体にとっての不要物を血液の流れがスムーズにいかなくなることで肩の筋肉に貯めてしまい、そればかりか必要な酸素や栄養分を肩の筋肉まで十分に運ぶこともできず、肩こりの原因となってしまっているのです。

 

このように血液の流れが悪いことは肩こりの大きな原因になっています。

 

防風通聖散に入っている生薬で血液の流れをよくする作用のある、トウキ、センキュウ、シャクヤクにより、体全体の血のめぐりをよくすることで、肩こりを改善していくことができます。それだけではなく、シャクヤクに痛みを抑える作用があるので、肩こりによって起こる痛みを改善することもできます。

 

防風通聖散


page top