防風通聖散の効果・効能 | むくみをすっきり解消する

女性の悩みの一つであるむくみは防風通聖散で解消することができます。

 

  • むくみになる原因
  • 防風通聖散でむくみ解消できる理由

 

を解説していきたいと思います。

 

むくみになる原因

 

むくみは体の中に水分が溜まる現象です。

 

くつしたやストッキングなどで絞めつけられたところのあとが、なかなかなくならないと感じたときは、もしかしたら足にむくみを起こしているのかもしれません。

 

もちろん、私たちは地球の上に生活している限り、地球の重力に影響されてしまいます。実際、朝起きたときの身長と夜の身長は明らかに朝のほうが高いですし、足の大きさも夜のほうが大きいと言われています。

 

それは重力により、下へ下へと体自体も、血液や水分までも重力に引っ張られてしまっているからです。もちろん血液も下にたまりやすくなるので、血液の循環が悪いこともむくみの原因になってしまいます。むくみは誰にでもある現象です。

 

それではどうして締め付けのあとが残るくらいのひどいむくみが出てきてしまうのかというと、やはりずっと同じ姿勢、たとえばずっと座っている、ずっと立っているなど体を動かさないことによる運動不足から起こってしまいます。

 

仕事でも家庭でも忙しくてなかなかトレーニングとかジムとか行けないと思っているかもしれません。そんなことよりも普段の生活、例えばちょっとしたことでも、立つのが嫌でなるべく同じところにいようと動かないでいると、それだけでむくみの原因になってしまうのです。

 

防風通聖散でむくみが解消される理由

 

防風通聖散にはビャクジュツ、カッセキが入っています。この生薬には利尿作用があり、尿を体から出す効果を持っています。

 

これにより、むくみの原因である余分な水分を尿として体の外に出すことになるので、むくみが解消されていくことになります。

 

また血液の流れが悪いことでも、同じように余分な水分が体にたまりやすくなるためむくみがおきてしまいます。防風通聖散にはそれをも解消できるように血液の流れをよくする作用のあるトウキ、センキュウ、シャクヤクが入っています。

 

また代謝をよくするとされている生薬の中のボウフウ、ケイガイ、マオウ、ハッカ、ショウキョウには発汗作用という汗を出していく効果も認められています。これらの生薬の汗として体から水分を外に出そうという作用は、むくみを解消していく上で助けになっています。

 

漢方薬は飲み続けることによりよりよい体質に改善していくことができます。

 

防風通聖散は、運動不足から起こりがちなむくみを尿を体から出しやすくする作用、血液の流れをよくする作用、汗を出しやすくする作用をもった生薬の働きにより、効率よくむくみのない体質に改善していく漢方薬と言えます。

防風通聖散


page top