防風通聖散の効果・効能 | 蓄膿症を治す

蓄膿症の治療に防風通聖散を使うことがあります。

 

今回は、蓄膿症になる原因となぜ防風通聖散のどの生薬が蓄膿症に効果があるのかを解説していきます。

 

  • 蓄膿症になる原因
  • 防風通聖散で蓄膿症を解消できる理由

 

蓄膿症とは一般的に慢性副鼻腔炎を指しています。副鼻腔は頭や顔、鼻の周りにある空洞になったところです。

 

その場所が炎症を起こすことを副鼻腔炎と呼びますが、急性のものは風邪のときなどにほとんどみんなが経験したことがある疾患にあたります。

 

風邪にかかったときにドロッとした黄色い鼻水が出たりするのが、いわゆる急性副鼻腔炎なので想像できるかと思います。

 

慢性副鼻腔炎とも呼ばれる蓄膿症は、風邪がだらだらと長引いてしまったり、アレルギー性鼻炎のため鼻水が続くなどの場合に、副鼻腔の炎症がずっとおさまらず本来なら何も入っていない副鼻腔に膿が貯まってしまった状態を言うのです。

 

風邪とはいえ、「鼻の症状だけだから」「そんなにひどくないから」といってほかっておくと蓄膿症になる可能性が高くなります。

 

また最近は花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎の人はかなりいると思われます。それも「軽いから」と思ってほかっておくと副鼻腔の炎症をほかっておくこととなり、蓄膿症になりやすいのです。

 

子供が風邪になるとすぐ病院に行くことがあっても、大人になってからは「風邪なんかで」と思ってしまい、病院から足が遠ざかっていることもあると思います。それが蓄膿症を引き起こす原因にもなりえるのです。

 

頬が痛い、頭痛がするなどの自分で感じられるような症状が出てからでは、治療するにも時間がかかってしまうのが本当のところです。

 

防風通聖散で蓄膿症が解消される理由

 

防風通聖散に入っている生薬と蓄膿症を改善するといわれている漢方の生薬の内訳はよく似ています。

 

特に名前の最初に入っているボウフウはその字の通り、「風邪を防ぐ」という意味でその名がついたといわれている生薬です。

 

風邪をひくことは、蓄膿症の原因になりかねません。普段からそれを防いでくれるということからも、蓄膿症にならないようにしていくことができます。

 

またケイガイ、レンギョウ、オウゴン、シャクヤク、トウキ、ボウフウ、カンゾウには炎症を抑える作用があるので、副鼻腔炎によって慢性的な炎症を起こしているのを改善していくことができます。

 

アレルギー性鼻炎を考えると、オウゴン、シャクヤク、トウキ、レンギョウ、カンゾウは抗アレルギー作用を持っているので、アレルギー性鼻炎から蓄膿症をおこしてしまう可能性がある場合にも、アレルギー反応を抑えていくことで蓄膿症を改善していくことができます。

 

このように防風通聖散は蓄膿症を改善していけるような生薬が配合されている漢方薬といえます。

防風通聖散


page top