五臓六腑について

言葉のニュアンスから『五臓六腑』とは、カラダの内臓部分の総称らしい・・・となんとなくわかるように思えます。

 

これらは、現代医学で言うときの『心臓』とか『腎臓』などとは《全く別のもの》と分けて捉えたほうが間違いは少ないでしょう。

 

簡単ながら個別に見ていくと解かりやすいのではないでしょうか。

 

臓:肝・心・脾・肺・腎

 

カラダのはたらきを5つの系統に大別して、その管理を受け持っていると言われます。

 

さしずめ『(株)人体コーポレーション』の中での『部』とか『支社』のようなセクション分けがあり、それぞれに『肝部長』とか『腎支社長』というポストに就いているのが『臓』といったところでしょうか。

 

そして、臓の指令を受けて生理成分(血など)や身体各部が動いていると理論づけています。

 

そのベースにあるのが臓に宿るとされる『神』と呼ばれる精気です。ちょっとイメージしづらいかもしれませんが、臓の性格・精神的機能というていどに捉えていただくとよいでしょう。

 

 

 

魂を蔵して、血を貯蔵する。血を多く必要とする眼や筋との関係が深い。血が不足すると筋のひきつりなどをおこしやすい。

 

 

 

神を蔵して、血脈を支配する。気血は全身をめぐるがその原動力は陽気である。それで陽気の多い心の支配を受けるとしている。

 

 

 

意を蔵して、胃腸を働かせて栄養を生成する。肉が多い組織(手足・口・唇など)と関係が深い。

 

 

 

魄を蔵して、全身の気の循環をつかさどる。皮毛(皮膚と体毛の総称)をつかさど   るので、粘膜面とも関係が深い。

 

 

 

精および志を蔵して、水分の代謝をつかさどる。先天的エネルギーや生殖機能とも関係が深いので、加齢や発育に影響する。

 

胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦

 

これら6つの腑は飲食をしてから排泄するまでの、消化・吸収・排出をメインに働いています。

 

それぞれの働きは一般的に知られているものとおおきな違いはないので、混乱は少ないのですが臓とのコンビネーションや連係を見るときにやや複雑になります。

 

実は臓と腑はオモテ・ウラで一対のペアとして理論づけされています。一見するとやや強引な理論づけのようでもありますが、治療へ応用してみると実際に効果が上がるなど、単に『こじつけ』でかたづけるのは早計かもしれません。

 

 

 

胆汁を排出し、腹部を清く保つ働きがあります。肝と表裏をなし、肝の血を貯蔵・発散するはたらきも相まって、胆の精神的な働きは『決断』にあるとされます。

 

小腸

 

 

心と表裏ですが、消化・吸収の働きがメインです。大腸・小腸の前には腎が位置しており、消化物を大便と小便に分け、さらに栄養分を抽出するというプロセスの一つに関わっています。そこで、心・胸の熱を逃すために小便が気持ちよく出る必要があるのです。

 

 

 

「水穀の海」と呼ばれ、腎からくみ上げた水分と心を経由して得た熱の両方を動員して胃を鍋・かまどのように働かせています。

 

いわば、大きな食堂の大鍋といったところでしょうか。

 

そして、監督的な作用をしている『臓』が脾であり、腎から水分を調達する手配などを受け持ち、実務的な働きは胃の仕事です。

 

註:大腸・小腸は胃に属す

 

 

ご存知の通り胃から腸に続くわけですから、腸の不調の時であっても胃へアプローチをしたほうがスマートな治療ができることもある、という格言です。と同時に、現場監督が胃・その上司が脾と解説したように、胃への治療で不十分ならば脾への治療も有効となりうる。という応用術もあります。

 

・大腸‐肺と表裏関係にあります。人体の体幹部を大きなちくわだと連想すると・・・外のオモテが皮膚ならば、消化管の粘膜は。「外のオモテ」なのです。

 

・膀胱‐腎と表裏関係にあります。これは体の前面から熱がのぼり、後面からくだるという大きな流れが関係しています。小便が適量ならこの後面の流れ(背中を下る熱)がスムーズに保たれます。

 

*三焦‐近年は東洋医学といえども欧米での普及ぶりはなかなかのものです。

 

英語圏の書籍で三焦の表記を見てみると『THREE HEATER』と訳されている本が多いですね。カラダの上・中・下でボイラーのように働く陽気。

 

というほどの意味でしょう。この三焦なるものは、専門家の間でも諸説ある反面、実際の運用には問題がないくらいにはある程度まとまったコンセプトが知られているというユニークな存在です。

 

さて、取り急ぎ五臓六腑について見てみました。ちなみに、古代の中国でも解剖による観察はあり、胃のサイズの測定や腸の長さの測定から『人が飢餓に耐えられる日数の試算』なんていうものも2000年前からこんにちに至るまで伝わっています。

 

どうやら、実用主義の結果かもしれませんね。

 

防風通聖散


page top